展覧会・文化財を見てきました。

─展覧会鑑賞・文化財見学に関する勝手な感想─

最終更新日 8月11日


2022年度

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月


4月3日
和歌山県立紀伊風土記の丘
 企画展 古代「紀伊国」の成り立ち-奈良・平安時代のわかやま-
(3月19日~6月19日)
 7~10世紀における「紀伊国」の成立と展開について出土資料から紹介。仏教関係では大洞寺墳墓出土の銅製骨臓器(和歌山県指定文化財)、鷺ノ森遺跡出土の鰐口は近時発掘された平安時代前期の資料。瓦は薬勝寺廃寺、上野廃寺、紀伊国分寺跡、西国分寺跡、佐野寺跡、田殿廃寺跡、山口廃寺、道成寺と充実。図録なし。

4月6日
奈良大学博物館
 奈良大学所蔵絵画優品展-初公開!南都・厳島図屏風-
(3月18日~4月23日)
 新職場内の博物館訪問。昨年度新たに収集した南都・厳島図屏風を初公開。南都図屏風は、春日社と御祭の行列を中心に、向かって右に興福寺伽藍及び奈良町と諸寺、左に東大寺伽藍と露座の大仏を描く、珍しい図柄の作例で、江戸時代前期の制作。露座大仏の面部はやや荒れたような描き方がなされ、今後の検討が必要だが、山田道安による銅板貼り付け修理の痕跡を描いている可能性あり。図録なし。

4月7日
薬師寺・唐招提寺・垂仁天皇陵・喜光寺
 新職場の新入生研修で西ノ京を歩く。薬師寺薬師三尊像、聖観音立像、唐招提寺金堂の三尊を久しぶりにご拝観。新入生があらゆるものに興味を持ってくれているようすを見て、こちらも初心を取り戻す。


4月15日
なら歴史芸術文化村
 開村記念特別展 やまのべの文化財−未来に伝える、わたしたちの至宝−
(3月21日~4月17日)
 開村記念の展示で、地元天理・桜井の山辺の道沿いの文化財を紹介。前半の考古資料は纏向遺跡出土の木製仮面(県指定)や茶臼山古墳出土資料、荒巻古墳出土の埴輪など。後半は仏教美術で、長岳寺の六道絵(県指定)9幅がずらりと並ぶ大ケースは壮観。天理市合場町の10世紀如来坐像(県指定)、天理市杣之内町の地蔵菩薩立像や焼損仏複製など。図録なし。奈良県の歴史・文化・美術を地域に密着して調査し展示公開する待望の県立施設であり、本展でも資料の伝わってきた場とその住民に寄り添う視点が示されていて、これからの活動にも大きく期待。

4月16日
高野山霊宝館
 企画展 鎌倉時代の高野山
(4月16日~7月10日)

 近時収蔵の龍光院承久記絵巻を軸に鎌倉時代の高野山を紹介。普賢院の五大力菩薩像の大幅(前期3幅・後期2幅)、不動院の善光寺式阿弥陀三尊像、丹生都比売神社の獅子・狛犬、正智院影向明神像、蓮華定院の伝行勝所持密教法具、宝寿院の伝叡尊所持密教法具、頼朝子貞暁が御社に奉納した梵字懸仏、金剛三昧院の高野版版木、金剛峯寺町石供養願文、金剛三昧院北条政子自筆書状、宝簡集から後宇多院院宣、源頼朝下文(後期)、阿弖河庄上村百姓等言上状(後期)、陀羅尼田関連文書などなど、多様な資料を公開。図録なし。

4月19日
東大寺法華堂
 美術史実習で東大寺へ。南大門仁王像を解説してから法華堂まで歩き拝観、観照。林立する仏像群を前に、近年の調査研究の進展と現在の各像位置づけについて説明。法華堂に入るの久しぶりで新鮮な気持ち。

4月23日
和歌山県立博物館
 特別展 きのくにの大般若経-わざわいをはらう経典-
(4月23日~ 6月5日)
 攘災の経典、大般若経にスポットを当て、和歌山県内の重要資料を集約して紹介。奈良朝写経を大量に含む紀美野町小川八幡神社経の東大史料編纂所との共同研究成果報告を軸に、600巻を一人で書写した一筆経の事例や、江湖僧や根来寺が関与して集積した取り合わせ経の事例、さまざまな版経の事例と、大般若経の受容と展開のあり方を地域史に即して提示する、大般若経受容史研究の到達点ともいうべき内容。奥書は地域史研究の上でも重要で、例えば小川八幡神社経中の奈良時代書写巻奥書に見える御毛寺は『日本霊異記』下巻17縁の「弥毛山室堂」との関連が指摘されるなど、寺院名や僧名など数多あり興味尽きず。展示室内にずらりと経典が34件125点(巻・帖・冊)並ぶ圧巻の大大般若経展。図録あり(98ページ、1200円)。

4月26日
京都国立博物館
 伝教大師1200年大遠忌記念特別展 最澄と天台宗のすべて
(4月12日~5月22日)
 学外実習で展覧会観賞。東京・九州・京都の国立博物館連携による伝教大師1200年大遠忌記念展の最終会場。最澄関係資料、天台教学及び密教関係資料、本山末寺の関連美術作品を集約。伝教大師請来目録(延暦寺)、刺納衣(延暦寺)、五部心観(園城寺)など宗門の重宝はじめ、宝相華蒔絵経箱(延暦寺)、六道絵(聖衆来迎寺)、線刻釈迦三尊等鏡像(泉屋博古館)など国宝を多数含む名宝ずらり。仏像では法界寺薬師如来立像、浄土曼荼羅刻出龕(耕三寺)、等妙寺菩薩遊戯坐像をじっくり観賞。興善寺釈迦如来坐像(寛治7年・1093)と薬師如来坐像は昨年度より修理事業が開始されていて寺外初公開となったもので、定朝様式の紀年銘作例を間近に観賞できるありがたさ。図録あり(416ページ、3000円)。

龍谷ミュージアム
 特別展 ブッダのお弟子さん-教えをつなぐ物語-
(4月23日~ 6月19日)
 令和2年春、展示作業完成しながらコロナウイルス感染症拡大により1日も開かれずに中止となった同名の展示を、一部資料を入れ替えつつ、満を持して再開会。仏弟子を巡る仏典の記述を追いつつ、十大弟子や羅漢などさまざまに表されたその姿を紹介。十六羅漢像の諸本を清凉寺本(北宗・国宝)、東博本(平安・国宝)、妙興寺本(元・重文)、月橋院本(鎌倉・重文)、禅林寺本(鎌倉・重文)、津観音大宝院本(明)と多数収集するほか、大徳寺五百羅漢図(南宋・重文)、長谷寺大般若経仏(朝鮮王朝)、如意輪寺龍華会図(朝鮮王朝)、白鶴美術館薬師如来説法図(五代)、西教寺礼仏弥陀懺法(明)など中国・朝鮮の資料を積極的に集積し、アジア全体を俯瞰しながら仏教の思想と文化を見つめる同館の特色を遺憾なく発揮。彫刻では京都国立博物館十大弟子立像(鎌倉・重文)、海雲寺迦如来坐像及び阿難・迦葉立像(南北朝・康俊作)、泉涌寺羅漢坐像(室町)など。図録は2年前に発行した同名図録(216ページ、2200円)及び、今回追加出陳した資料を掲載する別冊(72ページ、1200円)の2冊組み。


4月27日
奈良国立博物館
 特別展 大安寺のすべて-天平のみほとけと祈り-
(4月23日~6月19日)
 
大安寺1300年の歴史と文化を、奈良時代彫像と多数の考古資料による古代寺院の姿、著名な霊験像たる大安寺釈迦像への追憶、大安寺に関わる古代の高僧、中世大和における大安寺の位置づけにテーマを分けて紹介。同寺伝来の9軀の奈良時代彫像が全て四囲より観賞できる貴重な機会であり、その中でも秘仏本尊十一面観音立像は、頭部を江戸時代の後補とするものの、請来檀像を彷彿とさせる諸表現とともに、誇張のない自然な抑揚の肉身表現の中に、腰を捻って左大腿部を前へ出す動きを的確に表し、立体表現として際だった完成度を示す。四天王立像のうち伝持国天立像も緊張感にあふれた造形。眼福。ほか、展示文脈構築にあたり、長谷寺法華説相図、奈良博刺繍釈迦如来説法図(前期)、東大寺倶舎曼荼羅(後期)、岡寺義淵僧正坐像、文化庁虚空蔵菩薩坐像、薬師寺八幡三神坐像、西大寺金銅透彫舎利容器といった奈良博所蔵・寄託資料の名品を有効に活用しつつ、神護寺釈迦如来像(赤釈迦・後期)、西住寺宝誌和尚立像、神応寺行教律師坐像、永興寺四天王立像など、大安寺との意外な接点を有する資料も集め、展覧会名からの想像を超えるバラエティに富んだ内容。必見。図録あり(224ページ、2500円)。


5月10日
大和文華館
 特別企画展 泰西王侯騎馬図屏風と松浦屏風-越境する美術-
(4月8日~5月15日)

 学外実習で展覧会観賞。前近代の日本美術における洋風画に着目して資料を集める。戦国期のキリシタン絵師による泰西王侯騎馬図屏風(重文・サントリー美術館)、婦女弾琴図や、江戸時代前期の南蛮屏風、南蛮風モチーフを含む松浦屏風(国宝)、江戸時代後期の小野田直武筆江の島図、司馬江漢筆海浜漁夫図、亜欧堂田善筆駿河湾富士遠望図、石川孟高筆少女愛猫図など、館蔵の名品をフル活用して、初期洋風画、南蛮美術、後期洋風画の諸相を一望する貴重な機会。サントリー美術館から特別出陳の資料について解説したリーフレットあり(カラー4ページ)。 

5月13日
なら歴史芸術文化村
 企画展 観音のいます地−三輪と初瀬−
(4月29日~6月19日)

 開村記念展示に引き続き桜井・天理の文化財をクローズアップ。三輪と初瀬、それぞれを観音というタームでつなげ、展示室に9体の十一面観音像を林立させる。桜井市三輪・平等寺の秘仏本尊十一面観音立像は広葉樹の一木より大略を彫出した11世紀の作例、桜井市狛・長福寺十一面観音立像は狛寺伝来資料とみられる12世紀の作例、桜井市白木・安楽寺の十一面観音立像は元貝ヶ平山麓金平山寺伝来と伝わる南北朝時代の作例(市指定)。天理市福住・西念寺の十一面観音立像は、享禄4年(1531)実清作で宿院仏師源四郎・源次が番匠として助作にあたった宿院仏師研究上の重要作例。聖林寺十一面観音立像の精巧な模刻像は東京藝術大学朱若麟氏の手になるもので、ライティングも工夫されて荘厳な雰囲気。聖林寺像の木心部構造模型(東京芸大製作)や、大正4年に修理された際の奈良県庁文書(奈良県立図書情報館蔵)も紹介。地域に密着した調査活動によって見いだされた初公開資料を含む文化財に間近に接し、情報を共有化することのできる施設がある素晴らしさ。大学等との積極的な連携による仏教美術・文化財の普及啓発用資料の製作も特筆される活動。図録あり(38ページ、1000円)。

5月15日
鳥取県立博物館
 企画展 三蔵法師が伝えたもの-奈良・薬師寺の名品と鳥取・但馬のほとけさま-
(4月9日~5月15日)

 同館開館50周年と薬師寺玄奘三蔵院伽藍30周年の記念展。薬師寺の寺宝とともに、鳥取県の仏像や仏画を集約。薬師寺から慈恩大師像(国宝)、十一面観音立像(重文)、東塔塑像残欠・木彫像(重文)、薬師寺縁起絵巻など多数出陳して寺史・法相宗史を紹介する1章では、薬師寺僧玄賓ゆかりの伯耆国阿弥陀寺後身とされる豊寧寺伝来の聖福寺阿弥陀如来立像、白山神社十一面観音坐像、賀祥区と吉祥院分蔵の鉄造白山本地仏造(県指定)を関連展示。2章では北栄町・観音寺の仏像群のうち8体(重文・県指定)のほか、三佛寺十一面観音立像(重文)、大山寺銅造観世音菩薩立像(重文)などを一堂に展観。観音寺の千手観音立像は長身で量感を強調しない引き締まった体型や、柔らかく揺れる衣縁の自然な形状など、形式化のみられない古様な表現で、平安初期(9世紀)とされる造像時期を上げて考えうる作例。3章では玄奘三蔵に関連して鳥取県・兵庫県北西部の釈迦十六善神像や大般若経を集める。城崎町温泉寺本釈迦十六善神像(重文)は玄奘が手綱を曳く馬に経典を乗せる珍しい図像。事前調査で把握した近世の釈迦十六善神像も多数パネルで紹介。図録あり(90ページ、1500円)。
 50年にわたり県内文化財の調査研究・普及啓発・保存活用に関わってきた同館でこそ可能な地域文化財展であり、他に代えがたい重要施設であることを地域の方々にも再認識してもらう内容。これからの50年に向けた博物館・美術館の再編(2025年に鳥取県立美術館分離独立)と現施設改修の動きも要注目。

5月17日
中之島香雪美術館
 企画展 来迎 たいせつな人との別れのために 
(4月9日~5月22日)

 現前する仏の救済が自らに及ぶことを確信させる来迎の表象を、館蔵絵画資料を核に重要資料を集めて紹介。斜め構図で阿弥陀が坐るタイプの阿弥陀来迎図、阿弥陀立像を聖衆がぐるりと囲む円陣来迎図、複数幅で群像の臨場感を強調する来迎図、観音や地蔵の来迎図など来迎表現の多様さを一望できるよい機会。正覚寺阿弥陀二十五菩薩来迎図は中尊の左右に地蔵・龍樹が並ぶ珍しい事例。現状三幅対の館蔵阿弥陀二十五菩薩来迎図は、画絹の痕跡から本来五幅の可能性。褪色もあるが暗い背景に諸尊が浮かび上がる静謐な印象。ほか稚児観音延喜絵巻(重文)、矢田地蔵縁起絵巻、鎌倉時代後期の地蔵菩薩立像(台座に雲をあらわす春日地蔵)など。展示の最後に、修理完成後初披露の帰来迎図や瀧上寺九品来迎図(重文)を並べる印象的な一室を設け、往生者のみならずそれを見送る人々のまなざしにも着目して、来迎図の機能をより広く捉える視点を提示。図録あり(116ページ、2200円)。論考、コラムとともに、充実した参考文献リストあり。有益。

5月22日
三次もののけミュージアム
 企画展 妖怪のかたち2 あつめて・くらべて・かんがえる
(3月10日~6月7日)

 同館所蔵の湯本豪一妖怪コレクションを活用して、妖怪の形がどのようにイメージされ表現されたのかを錦絵や典籍類などから丁寧に考証。冒頭に合計136体に及ぶ妖怪坐像・妖怪立像を並べる圧巻の展示空間を構築。坐像・立像のそれぞれで面貌部をさまざまな図像に基づき大きさも変化させて表現する一方で、体部は全く画一的に表して群像としての統一感を表出する。その体部は、立像では隆々とした筋肉表現と大きさをデフォルメした肢体に鎌倉時代前期仏像からの学習があり、坐像では偏袒右肩で降魔印を結び結跏趺坐する座り姿に平安時代前期如来像からの学習が顕著に見られる(坐像は正面観重視)。像表面は、全像がほぼ同様に著しく劣化が進んで素地を呈し(一部漆下地が残る)、表面に土が付着している像があり土中しているようだが、木肌の痩せや割れ、毛羽立ちが見られるのに関わらず、腕や手先、足先、角、耳など細かな部材の欠失部がほぼ見られないことは不自然な点。江戸時代とされる製作時期や福島県の旧寺伝来とする情報について慎重な検討が必要ではあるが(近現代の美術史研究を踏まえた造形である可能性が考慮される)、多種多様な妖怪を表した造形水準の高い彫像群であり、本展で示される妖怪がいかに形づくられ、物語られ、言い伝えられるかを体現するような、謎含みの魅力的かつ完成度の高い妖怪群像といえる。図録なし。妖怪群像を掲載した『湯本剛一コレクション 古今妖怪累累』(パイインターナショナル、256ページ、3110円)購入。

大田庄歴史館
 企画展示 せらの仏教美術-仏像・仏画・経典・版木・梵音具を中心として- 
(4月8日~7月18日)

 広島県・世羅町の今高野山龍華寺と鎮守丹生神社を参拝してから、参道にある高野山領大田荘をテーマとする資料館訪問。世羅町内の寺院伝来資料を集めて展示。企画展示室では永寿寺の南北朝時代の大般若経や、珍しい塑像の福田寺阿弥陀如来坐像(室町~江戸時代)のほか、近世の仏像・仏画・梵音具を紹介。常設展示室に安置の善法寺薬師如来立像残欠(県指定文化財)は平安時代後期、11世紀ごろの作例。指定名称の立像残欠とする根拠や事情は不明ながら、襟を高く立てる特徴的な姿。同寺阿弥陀如来坐像(県指定文化財)は平安時代中期、10c末~11c初ごろの作例。図録なし。常設展示で大田荘のお勉強。

5月24日
奈良国立博物館
 特別展 大安寺のすべて-天平のみほとけと祈り-
(4月23日~6月19日)

 後期展示観賞。本尊十一面観音立像から伝不空羂索観音立像に展示替え。奈良時代彫像を正側背ぐるり観賞できる機会にあっち行きこっち行きぐるぐる。絵画の展示替えでは東大寺倶舎曼荼羅、東大寺縁起絵、奈良博釈迦霊鷲山説法図、、神護寺弘法大師像、住馬大社生駒宮曼荼羅など。図録あり(224ページ、2500円)。

5月31日
大阪市立美術館
 特別展 華風到来-チャイニーズアートセレクション-
(4月16日~6月5日)

 学外実習で展示観賞。同館収蔵の大コレクションを活用して、中国美術の日本での受容と様式伝播の歴史を、憧憬と収集の諸相に着目して紹介。本年秋より3年間の改修工事に入るにあたり、本展及び併催の「大阪市立美術館のあゆみとコレクション」をあわせて市民・財界人の寄贈により形成されてきたコレクションの歴史を一望し、大阪の宝を守ることの重要性を展示を通じて共有する。阿部コレクションの元~清の中国書画、山口コレクションの北魏~唐の石仏、ガザールコレクションの漆工品、師古斎コレクションの碑文拓本などなど。同館としては珍しい館蔵品のみの展示ということで全資料写真撮影OK。昔必死にスケッチした龍門石窟の仏頭や、天安元年(466)如来坐像、天保8年(557)如来三尊像龕などありがたくスマホに記録。図録なし。

6月5日
和泉市久保惣記念美術館
 開館40周年記念 コレクションのあゆみ 第1部 所蔵名品撰-和泉市久保惣美術館の国宝・重文-
(4月10日~6月5日)

 最終日に滑り込み。同館所蔵の国宝・重要文化財のほぼ全てを含むコレクションを、その形成史と資料群の特徴に分けて前後期で公開。装飾経の優品である平安時代後期の法華経、嘉暦元年(1326)清拙正澄讃達磨図、五代~北宋時代の十王経図巻、元時代の鍾馗像、鎌倉時代の伊勢物語絵巻、山崎架橋図のほか、胎蔵界八葉曼荼羅刻出龕(平安~鎌倉)などなど。図録なし。

6月12日
観峰館
 企画展 隠元隆琦350年遠諱 黄檗インパクト
(4月16日~6月12日)

 隠元隆琦350年遠諱にあわせ、黄檗宗・臨済宗寺院伝来の書画を中心に黄檗文化の表象を紹介。頂相では、萬福寺費隠通容像(自讃・張琦筆)、小松寺隠元隆琦像(自讃・喜多道矩筆)、木庵性瑫像(自賛・喜多道矩筆)、鉄眼道光像(月潭道澄讃)、正明寺龍渓性潜像(即非如一讃・喜多元規筆)、正法寺如雪文巌像(自賛・木村徳栄筆)、照山元瑶像(自讃)などずらりと並んで壮観。黄檗禅のインパクトが顕著に及んだ近世画人の作品として、隠元の書にのちに鶴亭の群鶴図を合わせた萬福寺の八十自祝偈、曹源寺の葛蛇玉筆鯉魚図、細見美術館の伊藤若冲筆瓢箪・牡丹図、円満寺の小原慶雲筆涅槃図、正明寺の蘭渓若芝筆十八羅漢図など紹介。萬年寺の蘭谷元定作観音菩薩立像は堅実な黄檗彫刻で像背面に「僧蘭谷定」の白文方印を刻出するもの。リーフレット(8ページ)あり。黄檗禅の資料をまとまって見られる貴重な機会であることに留まらず、書画を切り口に東近江地域の文化財を公開・共有する地域密着型の展示となっており、同館の公益性を高める重要な展示活動。

栗東歴史民俗博物館
 隠元禅師350年大遠諱記念展 黄檗の華
(5月21日~7月3日)

 隠元隆琦350年遠諱にあわせ、栗東市内の黄檗宗寺院伝来の文化財を中心に黄檗文化の表象を紹介。萬年寺から隠元隆琦像(自讃・喜多長兵衛筆)、木庵性瑫像(自賛)、慧極道明像(自賛)など頂相や、黄檗様式の布袋坐像、蘭谷元定刻出の観音菩薩立像、慧極道明の墨蹟など多数出陳。萬年寺の観音菩薩立像(鎌倉時代)や円光寺の薬師三尊像(室町時代)など、黄檗転宗以前の寺院史を伝える資料も紹介。近江における黄檗寺院の調査研究をリードしてきた同館ならではのバラエティに富んだ堅実な展示内容。図録ないが、1992年の特別展「近江と黄檗宗の美術」図録(96ページ)は観峰館展示資料も含めてカバーする重要な参考資料となるもの。

6月14日
奈良県立美術館
 特別展 ジャパニーズ・ウェディング 日本の婚礼衣装
(4月23日~6月19日)

 学外実習で展示観賞。江戸時代後期から昭和戦前期までの女性の婚礼衣装の展開を武家・町人のそれぞれに分けて紹介。武家の色直しから町人(商家)の三つ揃いへの展開など、婚礼にまつわる文化史をも踏まえつつ、その歴史を実際の着物を通じて示す。共立女子大学博物館の所蔵資料を中心に、近江八幡市、千總、田中本家博物館など所蔵の多数の衣装が全室にずらりと並び圧巻の展示風景。図録あり(192ページ、2500円、東京美術)。

6月25日
和歌山県立博物館
 企画展 幕末から明治のきのくに文人画-偉大なる師、野呂介石を慕いて-
(6月11日~ 7月10日)

 江戸時代後期の和歌山を代表する文人画家野呂介石の弟子に着目し、師弟の交流や師風の学習のあり方を紹介。養子野呂介于、甥野呂松廬、野際白雪、濱口灌圃、前田有竹ほか、上品で涼やかな山水図がずらり。介石晩年に、年を経て弟子となった湯浅福蔵寺住職平林無方のもとに送られた四碧斎印譜や墨蘭図、介石が題字を記して弟子10名が寄り合い書きで絵を描いた泉石嘯倣図、介石の那智図に後に野際白雪が富士図を組み合わせた那智・富岳図、介石弟子の小笠原簡斎に宛てた新出の書簡群、弟子が師を慕ってまとめた語録である介石雅画話・四碧斎画話など、館蔵品・寄託品を有効に活用して文人の交流活動を丁寧に展示。図録なし。

6月29日
京都府立山城郷土資料館
 企画展 やましろ新文化財展-館収蔵の指定・登録文化財から-
(4月29日~7月3日)

 開館40周年を記念し、同館にて調査・研究、収集・保管されてきた南山城地域のさまざまな文化財を紹介。宗教美術では、松尾神社牛頭天王坐像(京都府暫定登録文化財)、宝寿院阿弥陀如来立蔵(京都附指定文化財)、西福寺狛秀綱像(京都府登録文化財)、鶯瀧寺袋中上人絵詞伝(木津川市指定文化財)、高神社獅子頭(京都府登録文化財)、正法寺紺紙金泥浄土三部経(京都附指定文化財)など。ほか考古資料や、相楽木綿に関する資料など。図録ないが、2016年発行の『南山城の歴史と文化』(48ページ、500円)掲載資料多し。南山城地域の民俗や歴史、美術、考古のさまざまな分野の調査研究や維持継承の活動において同館が果たしてきた役割は大きく、また地域の人口減少や高齢化による文化財の維持継承の困難に直面する今こそ、その設置意義(郷土についての歴史資料、考古資料、民俗資料等の保存及び活用を図り、もつて府民の文化的向上に資する)はより高まっているといえ、今後もその機能の維持が必須の施設。丹後郷土資料館とともに、老朽化する施設の更新は喫緊の課題。

7月5日
京都国立近代美術館
 没後50年 鏑木清方展
(5月27日~7月10日)

 学外実習で展示観賞。鏑木清方の周年展2会場目。近時東京国立金だ美術館に収蔵された《築地明石町》《浜町河岸》《新富町》の「美人画」を中心としつつ、時代性をよくあらわすさまざまな風俗画や、挿絵、表紙絵など、その活動の全貌をうかがう内容。図録あり(312ページ、2800円)。

7月20日
奈良大学博物館
 ミニ展示 会津八一のまなざし-奈良大学所蔵品から-
(7月20日~8月19日)

 博物館および奈良大学図書館所蔵の會津八一関係資料を公開。昭和18年に東大寺清水公俊に贈った東大寺大佛讃歌や、東大寺上司海雲宛てを含む會津八一書簡など紹介。書簡については『奈良大学図書館所蔵 上司海雲宛 會津八一書簡図録』あり(88ページ、1000円)。

7月30日
高野山霊宝館
 第43回大宝蔵展 高野山の名宝 数字と高野山
(7月16日~10月10日)

 尊名や尊像構成、寺院名から仏教用語まで、数字をキーワードにして高野山伝来の文化財を紹介。蓮花三昧院阿弥陀三尊像(国宝)、正智院八字文殊曼荼羅図(重文)、宝寿院六字尊像(重文)、宝寿院金銅三鈷杵(重文、伝覚鑁所持)、正智院銅五鈷四天王鈴(重文、伝道範所持)など指定物件のほか、金剛峯寺の四臂不動二童子像、両頭愛染明王坐像、銀造双身歓喜天立像、千体弘法大師像や奥之院六祖像、中尊弁才天の周囲を15体の弁才天(持宝珠)が丸く囲んだ図像の西南院弁才天十五童子など、特殊な図像の作例も多数出陳。正智院の釈迦三尊十六羅漢像は中央区画に宋風の釈迦如来と騎象の普賢、騎獅の文殊を配し、周囲に16ヶ所の区画を設けて十六羅漢を配した縦2mをこえる大画面の一幅で、鎌倉末まで遡る佳品。西門院釈迦涅槃図は室町時代の南都絵所作例とみられる一幅で、三千仏像は一幅に三千仏を配した大幅で紀年銘を有する16世紀の作例(年紀メモするの忘れた)。図録なし。

7月31日
奈良国立博物館
 特別陳列 わくわく美術ギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち
(7月16日~8月28日)

 夏休み期間に合わせ、仏教美術の観賞基礎知識を実物資料とイラストを多用して軽やかに紹介。元興寺薬師如来立像、林小路町自治会弥勒菩薩立像、正寿院不動明王坐像、聖衆来迎寺十二天像、奈良博釈迦如来霊鷲山説法図、十一面観音立像など館蔵・寄託の優品を活用。仏画類は高さを下げて展示し、オリジナルイラストによる仏像キャラクターも約束事を踏まえた洗練度の高いもの。会場内に設けられた裸形阿弥陀如来立像模造を活用した如来着衣の着付け再現コーナーは、対象年齢層も幅広く設定でき、実験美術史学の様相も示す斬新な手法。仏像のお絵かきコーナーや貼り出す壁も設け、ボランティアさんたちが活躍。展示室内にさまざまなつながりを構築する今回の手法は、重厚な印象を伴いがちな仏教美術を広く普及する同館のこれまでの取り組みの、新たな展開といえるもの。図録あり(96ページ、1000円)。

 特別展 中将姫と當麻曼荼羅-祈りが紡ぐ物語-
(7月16日~8月28日)

 貞享本當麻曼荼羅修復の完成を記念しその修理成果を公開するとともに、當麻曼荼羅を巡る文化史の広がりを紹介。根本の綴織當麻曼荼羅と同寸の縦横4m強の貞享本は、高誉上人性愚の発願により延宝5年(1677)に行われた根本曼荼羅の修理に引き続いての事業で、延宝7年(1679)作画完成ののち、貞享3年(1686)に霊元天皇宸筆の金泥銘が施され完成。貞享本軸内納入文書、そして根本曼荼羅軸内納入文書を多数紹介(全点図録掲載)。ほか前半では光明寺・清浄心院・當麻寺の當麻曼荼羅縁起、當麻寺本當麻寺縁起絵巻、清浄光寺一遍聖絵、西寿寺・檀王法林寺・誕生寺の當麻練供養図など當麻寺の縁起と聖地景観を描く資料を多数集めて、當麻寺縁起展の様相。後半は中将姫による當麻曼荼羅の発願・作成に関する縁起言説とその受容と物語化の展開を幅広く紹介。中将姫肖像やその縁起の絵画化作品に留まらず、謡本、浄瑠璃本、浮世絵、引き札までさまざまな資料を博捜して紹介。蓮糸を紡いで絹に織り込んで制作された藕糸織阿弥陀三尊来迎図・霊山浄土図・阿弥陀聖衆来迎図(福聚寺)にて藕糸織のことをしっかり勉強。図録あり(212ページ、2600円)。

なら歴史芸術文化村
 文化財研究中!-なら歴史芸術文化村×連携4大学-
(7月23日~9月19日)

 なら歴史芸術文化村と協定を結んで活動を行っている天理大学・立命館大学アートリサーチセンター・奈良県立大学・東京藝術大学の連携活動を紹介。立命館大学アートリサーチセンターによる當麻寺金堂内部仏像群の三次元計測画像のVR体験、奈良県立大学によるさわれる3Dプリンター製複製制作、天理大学による古墳の地中レーダー探査、東京藝術大学の3次元計測データを活用した模造制作など、文化財と最先端技術の融合のあり方を紹介。藝大の来館者による展示仏像の撮影画像を集約して3Dデータを作る#みんなで仏像プロジェクトも興味深い試み。リーフレットあり(16ページ)。

8月5日
大野市歴史博物館 
 収蔵品紹介展 星
(7月16日~8月31日)

 同館寄託品の中から、星をキーワードに妙典寺紺紙金字法華経と縹糸素懸威六十二間小星兜を紹介。妙典寺経は法華経8巻及び開結からなる十巻本で、各巻に見返しに経絵が施された、元弘3年(1333)奥書を有する基準作例。大願主沙門宗俊により八幡宮宝前に施入されたものながら、この八幡宮がどこかは不明。同時期の経箱も付属する。福井県指定文化財。図録なし。

大津市歴史博物館
 伝教大師最澄没後1200年記念企画展 仏像をなおす
(7月23日~9月4日)

 延暦寺十二神将立像修復にて把握された最新の情報報告を核としつつ、大津市域の信仰にまつわる文化財がいかに継承されてきたのかを、仏像修復という視点から紹介。現在修復事業継続中の延暦寺十二神将立像はこのたび確認された銘記により、元徳2年(1330)~正慶元年(1332)に仏師頼弁によって造像されたことが判明。元岡崎の元応寺安置像。願主、作者、勧進僧と旧安置場所も分かる基準作例で、元応寺から根本中堂に移された経緯も含め、天台宗の歴史を物語る重要資料。延暦寺護法童子立像は、修理の際、頭部内からに銅造不動明王立造と水晶製五輪塔が発見。龍谷ミュージアム保管の仏像雛形からは比叡山や日吉社関連の作例をピックアップ。日吉大社の百大夫神立像とその雛形を並べるなど(そっくり!)、本雛形の美術史上の重要性を再認識。注目されるのは園城寺の阿弥陀如来坐像や西教寺の十一面観音立像、参考出品の北保町自治会菩薩立像など、前近代の修理における後補部材や彫り直し部分にクローズアップする(美術鑑賞の方法論とは真逆の)斬新な展示方法で、後補部分も修復履歴による伝来史を考えるための大切な歴史情報であることを具体的に示す。「仏像をなおす」ことで生じる結果の重層性(信仰性の向上/鑑賞性の向上・減少/歴史情報の復活・喪失、など)について考えるありがたい機会。図録あり(30ページ、800円)。

8月7日
和歌山県立博物館
 夏休み子供向け企画展 地名のなぞ!?
(7月16日~8月21日)

 和歌山県内の地名にスポットを当て、地名形成の由来や歴史の諸相を紹介。紀伊国全体を描く紀伊国絵図等や、郡部の様相を描いた有田郡絵図や伊都・那賀両郡絵図等、和歌山城と城下のようすを一望する和歌山城下町絵図等々、同館が長年に渡り収集を続けてきた絵図・地図類をフル活用。宝来山神社の紀伊国桛田荘絵図(重要文化財)や紀美野町教委所蔵の那賀郡志賀荘絵図、紀伊国那賀郡田中荘山之絵図、日高郡下惣川村検地帳写、日高郡初湯川村検地帳写、那賀群動木村検地帳写など、荘園や村に関する資料も盛りだくさん。「地名について、あれこれと考え、“なぞ”解きすることの楽しさを知り、自分たちが住む土地に対しても愛着を持つきっかけにしていただけたら」という展示目的も明確。図録なし。

9月

10月

11月


12月

1月

2月

3月