帝塚山大学「博物館経営論」
─受講生へのお知らせ─
1、講義の目的
  博物館経営(ミュージアム・マネージメント)とは、博物館の理念に基づいて諸事業を行うことをいう。経営という用語から一般に、いかに入館者数を増やして収入を増加させるかといった経済的な一面を学ぶような印象を持ちがちであるが、経営とは本来、「物事のおおもとを定めて事業をおこなうこと」の意味である。すなわち博物館経営とは、博物館のあるべき姿を見定めながらいかに運営するか、という問題なのである。
  この講義では、現在直面しているミュージアムの状況について紹介しながら、これからのミュージアムがいかにあるべきなのか、ということをおおもとに見据え、学芸員という立場からいかに主体的に諸事業に携わることができるかについて、考えていきたい。

2、成績評価の方法
  1、平常点50%(授業への積極的参加度をリアクションペーパー等で評価し採点)
  2、レポート50点

3、レポート課題について
  T、実際に展覧会を鑑賞し、以下の設問に答える。
  @、展覧会の概要
    鑑賞した展覧会の概要と趣旨を、内容構成を交えて提示せよ(5点)。
  A、良い点・悪い点
    鑑賞した展覧会の、良かった点、悪かった点を、1つずつあげよ(15点)。
  B、広報の良い点・悪い点
    鑑賞した展覧会のチラシとウェブサイトを確認し、その広報のやり方の良いと思う点、悪いと    思う点をあげよ(10点)。
  C、自分が学芸員ならばこうする!
    自分が、鑑賞した展覧会の担当学芸員であったと仮定し、展覧会をよりよい内容にするため    に、さらに付け加えて工夫できることを考えよ(20点)。
  U、対象となる展覧会
   展覧会の選択は自由に行ってよい。特別展や企画展でなく、常設展示などでもよい。自分が最も興味を持つことのできる分野の展覧会を選んで、自分の言葉で、優れた展覧会批評を行えるように努力して欲しい。

4、レポートの提出日
  4月〜7月の各授業の日のうち、いつでも構わない。